2017年12月13日

スーパーカブ110 JA10 ハンドルウェイト取り付け

注文しておいたハンドルウェイトの部品が来たので取り付けました。

注文した部品です。
53108-KRS-830 リテーナリング 275円
53107-KW7-930 ラバークッション 486円
53109-KVR-C00 ハンドルバーウェイト 1,134円

リテーナリングを2個、ラバークッションを2個、ハンドルバーウェイトを1個注文しました。
合計で2,656円です。
ネジ切れたため余計な出費でした。
バーエンドを固定するネジは純正品は1本税抜き170円と高かったので同じ長さのステンレスM6×50mmの頭部が皿のネジをホームセンターで購入しました。1本42円でした。
➀➂がラバークッション
➁がハンドルバーウェイト
➃がリテーナリング
リテーナリングは赤丸の爪がハンドルの穴に引っ掛かり抜けなくなる構造です。
ラバークッションはハンドルバーウェイトに取り付けます。
そのまま付けようとすると結構きついのでラバー保護スプレーで湿らせて取り付けました。
ラバークッションを取り付け後リテーナリングを取り付けます。
バーエンドを取り付けます。
サービスマニュアルではこのネジにネジロック剤の指定はありません。
指定トルクは9N・mですが測れないため適当に締め付けました。
ステンレスネジは目立たないように黒く塗りました。
グリップ端からハンドルまで10mmほどあるのでリテーナリングがなかなかハンドルパイプ内に入りません。
ラジオペンチでリテーナリングを挟み何とか入れました。


バーエンドのネジがネジ切れたためすごく面倒な作業だったのですがグリップが新品になっただけでした。苦労のわりに効果がありません。
普通にバーエンドが取れていればハンドルバーウェイトを外さなくてもグリップ交換ができたのですが。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


記事