2017年12月10日

スーパーカブ110 JA10 グリップ交換

スーパーカブ110 JA10のグリップを交換しました。

走行距離9,639km
距離は走っていませんが購入後4年8ヶ月経過しグリップが硬くなりすべるようになってきたのでグリップを交換しました。

社外品のグリップを付けたかったのですがスーパーカブ用のスロットルチューブやグリップがわからないため純正品を購入しました。
左グリップは品番53166-KWB-600で550円です。中国製です。
右グリップは品番53140-KWW-620でスロットルチューブが付いて928円です。なぜかこちらはタイ製です。
合計で1,478円で意外に安いです。
バーエンドです。
ネジロック剤が塗ってありどうやっても自分では外れませんでした。
ドリーム店に持ち込み外してもらいましたが異様に固くアクセル側はネジ切れてしまいました。
左側です。こちらはネジが外れました。
右側です。ネジが残っています。
グリップです。
見た目はすり減っているようには見えませんがゴムが硬くなり滑ります。
スーパーカブはハンドルバーがカバー内のためスロットルチューブを外すためにはカバー類を外さないと出来ません。
ハンドルが露出している通常のバイクより面倒です。
まずバックミラーを外します。
ヘッドライトを外します。
赤丸の光軸調整用のボルトを外し青丸のネジを外します。
下側から前方に引っ張るとヘッドライトが外れます。
ウィンカーを外します。
青丸の黒いネジ3か所でウィンカーは外れます。
赤丸の銀色のネジはスイッチカバーのネジです。これも外します。
ハンドルカバーと引っ掛かりがあり素直には外れませんが適当にやっているとこのように外れます。
赤丸のコネクターでウィンカーは外れます。
反対側も同じように外します。
赤丸のハンドル下のネジを外します。
反対側も同じように外します。
ヘッドライトを外した内側の上下のカバーを繋いでいるネジを外します。
画像は正面から見て右側です。
左右両側を外します。
赤丸のアップハンドルカバーのネジと青丸の右ハンドルスイッチカバーのネジを外します。
画像は正面から見て左側です。
赤丸のアップハンドルカバーのネジと青丸の左ハンドルスイッチカバーのネジを外します。
画像は正面から見て右側です。
赤丸のメーターケーブルを外します。
これでアッパハンドルカバーが上に上がりスロットルチューブの取り外しが可能になります。
赤丸のネジをを外します。
アッパスロットルハウジングと言うらしいですが外すとスロットルチューブが外せます。
スロットルチューブが外れました。
グリップ交換だけであればこの作業は必要ありません。
インナウェイトリテーナの爪を押し込みハンドルバーインナウェイトを外します。
ハンドルの上下に穴がありますが上側だけで止まっています。
サービスマニュアルではこの穴から石鹸水などを注入すると取り外しが容易になると記載があったので中性洗剤を入れました。それでも抜くのに時間がかかりました。
こじったりしてやっと外れました。
赤丸の部分のラバークッション、青丸の部分のリテーナリングはボロボロです。

左側も同じようにハンドルバーインナウェイトを外しました。

サービスマニュアルではラバークッション2か所、リテーナリングは新品に交換と記載されています。
スロットルチューブのワイヤーが通る部分にグリスを塗り取り付けました。
左側グリップはカッターで切って取りました。
残っている接着剤はある程度手で剥がして残った接着剤はシンナーでふき取りました。
貼ってあるメンディングテープは新しいグリップを入れるときの目印です。
接着剤はコニシのボンドG17を塗りグリップの内側をシンナーで湿らせ取り付けました。
製造国の違いか仕様かはわかりませんが左右で質感がかなり異なります。
アクセル側のほうが滑りにくいです。

このまま1時間ほど待ちグリップがちゃんと付いていることを確認し逆の手順でハンドルカバー、ウィンカー、ヘッドライトを取り付けました。
ハンドルバーインナウェイト関連は傷み具合を確認して部品を注文して後日取り付けます。
純正スロットルチューブは突起だらけで接着剤は付いていません。

ハンドルバーインナウェイトだけで178g、ハンドルバーすべて合わせると306gありました。

ウェイトなしでの走行

細かい振動が増えました。特に左側が振動します。またバックミラーがかなりぶれます。
今は冬用のグローブなので手が痺れるほどにはなりませんが夏用の薄いグローブだと厳しいような気がします。
またハンドルが軽くなりました。良く言うと軽快、悪く言うと安定感がない感じです。
メーカーがわざわざこれだけ重いウェイトを付けるのにはちゃんとした理由がありそうです。
痛み具合を確認して部品を注文しウェイトを付ける予定です。




コメントをどうぞ

CAPTCHA


記事