2017年12月17日

CRF250L サブフレーム交換 戻ってきました

サブフレーム交換、メカニカルシール交換の修理が完了しました。

約2週間かかりました。

左側
左が交換前、右が交換後です。真っすぐになりました。

右側
左が交換前、右が交換後です。交換後のほうが少し下に下がっています。

ある程度の曲がりは許容範囲らしいです。届いたサブフレームも曲がっていたので少し修正したそうです。
修復歴にならないかと聞きましたが大丈夫とのことでした。下取り価格にも影響しないそうです。
MD38のときは真っすぐだったので以前より品質が落ちているような気がします。

交換後のヘルメットホルダーですが車体に対して垂直になってます。
自分では気が付かなかったのですが交換前のサブフレームでは赤矢印のほうへ曲がっていたそうです。
写真を見せてもらいましたがかなり外側へ曲がっていました。


展示車のCRF250L
左右ともに下に曲がっています。左側は気にならない程度で右側ははっきりわかるくらい下がっています。


展示車のCRF250RALLY
左右ともに気になるくらい下に曲がっています。右側はかなりです。

操縦性に影響がなくまた展示車よりもましになったので良しとします。

メカニカルシールも交換しました。
汚れていて解りづらいですが整備士さんの思い付きで赤丸の部分に綿棒の綿の部分を入れていただきました。

これでしばらく様子を見ます。



サブフレーム交換ということでついでにショックアブソーバーアッパマウントボルトにグリスを塗るようにお願いしました。快く承諾していただきさらに塗ったときの写真も見せてもらえました。
アッパマウントボルトは面倒なので助かりました。またリンク部は今はグリスが塗ってあるそうです。今は寒いので暖かくなってきたら確認してみます。
品質に不安を感じますがトラブルが発生しても対応してもらえるので保証期間内に初期不良的な不具合を出し尽くしたいと思っています。



コメントをどうぞ

CAPTCHA


記事