2017年12月26日

CRF250L MD44 オイル交換(2回目)

CRF250L 2回目のオイル交換をしました。

1,634kmでオイル交換しました。メカニカルシールを交換したときにオイルがかなり汚れていると言われました。そのため全部ではないですが少し新しいオイルを足したそうです。
前回交換から980km走行です。

ウルトラG4です。

缶には100%化学合成油と記載されています。
全合成油と書かれているよりも何か安心感があります。
メンテナンススタンドとスペーサーでバイクを垂直にします。
目安として水準器を使っています。
片道3.5kmのガソリンスタンドを往復してエンジン停止後30分。
交換前のオイル量です。

上限と下限の真ん中です。
赤丸の部分がドレンボルトです。
二面幅は12mmです。
ドレンボルトを外しオイルを排出します。

まだオイルが暖かいためすごい勢いで出てきます。

メカニカルシール交換で少しオイルを入れ換えているためあまり汚れてはいませんでした。
マグネットドレンボルトをスーパーカブと同じキジマのマグネットドレンボルト 品番105-112に交換しました。
マグネットドレンボルトのほうがネジ部分が少し短いですがマグネットが飛び出しているので少し長いです。

CRF250Lはオイルフィルターが付いているのでスーパーカブみたいにマグネット部に汚れが溜まらなかったらノーマルに戻すつもりです。
ドレンボルトを24N・mで締め付けエンジンのドレン周りをパーツクリーナーで綺麗にします。

キジマのマグネットドレンボルトは二面幅17mmです。
オイルを入れます。
1Lはすべて入れたあとはオイルレベル点検窓を見ながら入れていきます。
上限の少し下まで入れました。




コメントをどうぞ

記事