2017年10月4日

CRF250L MD44 オイル交換(1回目)

CRF250L 1回目のオイル交換をしました。オイルフィルターも同時交換しました。

今までのバイクでホンダのウルトラオイルG1~G4とモチュール5100を試しましたがウルトラG4が一番良かったのでウルトラG4に交換しました。
ワコーズ等もっと高いオイルにすればさらに良いのかもしれませんが比較的短距離で交換するので価格を考えると安く売っているウルトラG4が経済的に限界です。
走行距離654kmで初回交換です。

ウルトラG4です。


8缶購入しました。

以前より少し安くなっています。
ドリーム店でオイルフィルター、オイルフィルターガスケットを購入しました。

ガスケットの型番は15412-KYJ-901でMD38と同じです。378円です。
オイルフィルターは15410-KYJ-902で何が変わったのかわかりませんが型番が異なります。648円です。
メンテナンススタンドとスペーサーでバイクを垂直にします。
交換前のオイル量です。

アッパーの少し下です。
赤丸の部分がドレンボルトです。
スーパーカブと同じ12mmボルトですが二面幅はスーパーカブが17mmでCRF250Lは12mmです。
ドレンボルトを一般的な9.5sq.ラチェットハンドルで緩めようとしましたがとんでもないトルクで締まっていて緩みません。

CB1300SFでもこの9.5sq.ラチェットハンドルで緩みました。
右がKTCの9.5sq.ラチェットハンドル
左がバイクのアクスルシャフトや車のホイールナット用で使っているストレートのハイトルクタイプ(長さ600mm)12.7sq.ラチェットハンドルです。
ネジ切れるかと思うほど固く締まっていましたが無事に緩みました。
オイルを排出します。
ドレンボルトはパーツクリーナーで綺麗にして新しいワッシャーを付けます。

しかし何でこんなにネジ頭が小さいボルトを使うのか不思議です。
トルクレンチで締めます。
まだサービスマニュアルを持っていないのでドリーム店でトルクを聞きました。
締め付けトルクは24N・Mです。
オイルフィルターの交換です。

赤丸の4か所のボルトを外しオイルフィルターカバーを外します。
ここは二面幅8mmです。
T字レンチが使いやすいです。手元になかったのでソケットレンチにエクステンションバーを付け緩めました。

4か所を少しずつ緩めていきます。
緩んでくるとオイルが漏れてきます。
カバーを外しました。
オイルフィルターカバーとフィルターを押さえるスプリングです。

パーツクリーナーで掃除しました。
フィルターをエンジン側に先に付けるとブレーキペダルが邪魔でカバーをセットできません。
先にカバーにスプリングを挟みフィルターをセットしてからエンジンに付けます。
OUT-SIDEと刻印されているほうをカバー側にします。
両手がふさがっているので写真は取れませんでした。
4か所のボルトを均等に締めていき最後はトルクレンチで締め付けます。
ここのトルクは聞き忘れたのですが以前のCRF250Lが10N・Mだったので10N・Mで締めました。

痛みもなかったのでガスケットは交換しませんでした。
オイルフィルター交換時のオイル量は1.5Lです。
最初の1Lはすべて入れます。
AZの容器に0.5L弱入れました。
AZの容器にホースを付けたものでオイルを入れます。
注入口にホースが入るので入れやすいです。
フィルターに溜まっていたオイルも排出されているので入れただけではアッパーを超えています。
5分間アイドリングしてエンジンを止めてから3分後です。
ほぼアッパーです。
走行後の確認です。

片道約17kmのナップスに出かけ帰宅後エンジンを止めてから30分後です。
丁度良い量です。


交換後

まだ新しく目立ったメカニカルノイズがないので特にエンジン音が静かになったようには感じませんでした。
ただ発進時に2,000回転弱でクラッチを繋ぎ加速するときに2,000回転前後にあったくすぶるような感じはなくなり滑らかになり発進しやすくなりました。
現在慣らし中で5,000回転程度しか回していないのでそれ以外はあまり差は感じません。
まとめて購入したのでしばらくはウルトラG4です。




コメントをどうぞ

記事