2017年9月15日

CRF250L MD44 納車

2017年式 CRF250L納車です。

CB1300でも同じようにクーラントが漏れるのと気軽さや軽快感が忘れられず元に戻ってしまいました。
同じCRF250Lですが2017年式は地味ですが改良されています。外観はカラーリングとテールランプの形状が変わりました。
タコメーターも付きました。

現行型もクーラントは漏れるらしいですが漏れる部分がパイプ状になりまだわかりませんがフレームの外側には垂れないようになったようです。(画像の赤丸の部分)
ここに耐熱チューブを付けて下側に逃がせば漏れたクーラントがバイク本体には付きづらくなりそうです。



CB1300SFはドリームの下取り額よりもバイク王の買い取り額のほうが5万円高かったのでバイク王に買い取ってもらいました。
そのためどこの店でも買えるようになりました。
同じCRF250Lのローダウンとヤマハのセロー250で迷いましたがセローは小さすぎてかなり窮屈でツーリングで疲れそうです。
またCRF250Lのローダウンは通常のCRF250Lでも足つき性は過去にも乗っていて問題もなさそうだったので通常のCRF250Lに決めました。
ドリーム店は人が変わり対応に不満があったのですがそのことを店長に直接苦情を言い改善に努力するという回答を得たので結局ドリームで購入しました。
また今は2万円弱で+2年の保証、トータル5年間の保証も付くので5年間は安心して乗れます。

走りだしての第一印象は軽い・遅い・ちゃっちいでした。当たり前ですがCB1300SFのような精密機械感はまったくなくパワーもありません。タコメーターが付いたので回転数がわかり逆に慣らしが大変です。
スーパーカブが大きくなってクラッチが付いたような感触です。
また交差点での曲がり方もCB1300とはまったく異なり倒そうとしても起きてきます。遅さや曲がり方に慣れるまで少し時間がかかりそうです。でもCB1300にはない軽快感があるので走っていて楽しいです。また取り回しも想像以上に軽く楽になりました。



コメントをどうぞ

記事