2015年3月10日

CRF250L ブレーキパッド、タイヤ交換

CRF250Lのブレーキパッドとタイヤを交換しました。

GP-210はグリップは良いのですが重量のためか発進時の最初の一歩が少し鈍いです。
また軽快感に乏しいので保管しておいたノーマルタイヤGP-21、GP-22に戻しました。
ついでに特に理由もなくブレーキパッドも交換しました。

デイトナの赤パッドです。
写真はリヤ用で品番79868
フロント用は品番79867
フロント
赤丸のブレーキパッドハンガピンを外すとパッドが外れます。
締め付けトルクは17.2N・M
リヤ
赤丸のゴムを外しブレーキパッドハンガピンを外すとパッドが外れます。
締め付けトルクは17.2N・M

フロントのパッドの比較です。少し減っています。

リヤのパッドの比較です。ほとんど減っていません。
過激な走りをしないので前後共20,000kmくらい持ちそうです。

ディスクブレーキセパレーターバイク用
これは便利です。安全にパッドを広げられます。
パッド交換だけではなくタイヤ交換等でホイールを外した後これでパッドを少し広げると入れるときに楽になります。

前輪はチューブなのでエアバルブプーラーを使ってみました。
飛躍的に楽にはなりません。ないよりはまし程度でした。

走りが軽快になりました。
ただGP-210の癖に慣れてしまっているので交差点やカーブで曲がるとき違和感を感じます。前輪が外に逃げていくように感じます。また接地感が薄いです。
見た目はこっちのほうが好みです。
デイトナの赤パッドはフロントは掛け始めが純正より効かない感じです。握れば純正と同じです。
リヤは純正と変わりません。

コメント 3 件

  1. 焚火 より:

    こんにちは。
    google検索からやってきました。CRF乗りです。

    私もリアのブレーキパッド交換しようとしましたが
    タイヤ側のパッドがどうやっても入りませんでした。
    (タイヤ外さず)
    キャリーパーを押しても多少しか動かずプラハンマーで軽くたたくも
    キャリパーの形状でひっかかって(奥側)入りませんでした。
    お手数ですがどの様に工夫すればよいのかご教授ください。

  2. 管理人 より:

    焚火さん、こんにちは。
    タイヤ側ということなのでピストンがないほうですよね。
    ピストン側のパッドが未装着状態でもパッドが入らないのであればキャリパーがどこかおかしいような気がします。
    私がCRF250Lでパッド交換したときはあまり減っていなかったこともありますが問題なく入りました。
    パッドを入れるときにはディスクブレーキセパレーターでピストンを押し戻してから入れたので余裕で入りました。
    CB1300でもパッド交換しましたがリヤは少し減っていましたが同じようにディスクブレーキセパレーターでピストンを押し戻し問題なく付けられました。
    ちゃんとやられているとは思いますがピストンを押し戻さないと入りません。ただピストンを戻すとブレーキフルードがリザーバーからあふれる場合があるようなので注意が必要です。
    現在、乗り換えてしまい現物がなくて確認ができないため明確なご回答が出来なくて申し訳ありません。

  3. 焚火 より:

    こんにちは。
    ご回答ありがとうございました。
    ピストンがない方ですね。セパレーターでピストンは押しもどしは出来ます。
    キャリパーがタイヤ側へ押し戻しでもパッドを入れる前に全体的に
    押し戻されてしまい隙間が少なくなってきます。(キャリパー自体が外側に?)
    ピストン押し戻しても本体側の隙間がもともと狭いために
    新品のパッドの厚みでは入らない状態です(減っているいまのパッドほどであれば
    ぎりぎり入る隙間です。

    ホンダにもって行ってみてもらいます。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

CAPTCHA



Warning: Use of undefined constant bwt - assumed 'bwt' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/1/may13/web/cb250n.net/wp-content/themes/hobby/functions.php on line 109
プロフィール
性別:男
生年月日:1961年(昭和36年)
現住所:埼玉県南東部
趣味:バイク、エレキギター、車(過去)、オーディオ(過去)
記事